斎場の気になる常識

火葬に必要な許可

火葬に必要な許可

火葬に必要な許可 火葬の手続きは自分でも行うことができますが、葬儀社に任せることもでき、ここでは死亡届の提出も含め代行を依頼することができます。火葬までの流れは、まず、市区町村の役所に死亡届、死亡診断書、火葬許可申請書を提出します。火葬許可証が発行されたならば斎場に提出をし、火葬が済むと火葬済証明印が押され埋葬許可証を受取ります。
火葬は手続きが大切になりますが、もう1つ押さえておきたいポイントに斎場の確保があります。最近聞かれるものとしては斎場不足があり、特に首都圏では顕著になっています。例えば東京都などは人口に対して数が少ないエリアも多く、場合によっては数日間予約が取れないこともあるために空きを確認することが大切です。また、火葬できるものとできないものを確認しておく必要があり、通常、禁止リストが用意されています。棺には服やメガネ、入れ歯など日常的に故人が使用していたものがよく入れられますが、自治体や斎場によっては原則禁止をしているところもあり注意が必要です。

気になる斎場&火葬:遺骨が残るように丁寧に焼く技術

気になる斎場&火葬:遺骨が残るように丁寧に焼く技術 日本で葬儀を行った後は、火葬をすることが一般的になっています。斎場で葬儀を行った後は、火葬をすることになりますが、その時に遺骨が残るように丁寧に焼く技術があるかどうかを確認することが大事です。病気を罹患していた場合は骨の密度が低くなりますし、高齢になったり子供、胎児の場合は骨が細いため、火葬によっては骨がほとんど残らない状態になることがあります。そこで斎場で葬儀を行うときは、サポートをしてくれる葬儀会社に遺骨が残るように焼く技術を持つ火葬場を紹介してもらうことをおすすめします。
火葬をするときはかなりの高温で時間をかけて遺体を焼くため、ある程度の技術が必要になります。火葬場を運営しているスタッフのスキルに左右されることもありますし、温度調節を行うことによって遺骨を残す火葬方法が可能になります。斎場を利用するときは、近くに利用できる火葬場があるかを確認しておけば、葬式を終えてから火葬するまでの移動時間を少なくすることが可能です。

Copyright © 2018 斎場の気になる常識 All Rights Reserved.