斎場の気になる常識

最新の斎場情報まとめ

気になる斎場&火葬:煙突から出る煙の正体

気になる斎場&火葬:煙突から出る煙の正体 斎場を選ぶ時の決め手となるもの、それはおそらく、その家庭によって様々でしょう。
ですが、ひとつだけ、どの家庭も共通して考えなければならないことがあります。
それが、「費用」です。
斎場と一つでくくっても、葬儀のかかる値段は様々です。
そこで注目したいのが、以前、NHK放送でも紹介された、「シンプルなお葬式」です。
通常、葬儀にかかる費用は30万円~40万円が相場です。
ですが、「シンプルなお葬式」では、最安値で128000円で、通常の葬儀をしてもらるのです(プランは、一般葬、家族葬など、種類も豊富です)。
費用はなるべく抑えて、それなりの葬儀にしたい、そんなご家族におすすめなのが、「シンプルなお葬式」です。
そして、火葬の際、煙から出る煙突の正体をご存知の方は、案外少ないでしょう。
あれには、大きく二つに分けることができます。
一つは、火葬そのものの補助に使われる薪、つまり、普通に木が燃える時に発生する煙です。
そしてもう一つが、御遺体から出る、動物性タンパク質が燃焼した際に発生する、有機ガスを含んだ煙です。
こちらは、人間(主にタンパク質)が燃えているわけですから、異臭もします。
普段見るような煙と違って、独特の匂いや色があるのは、動物性タンパク質が燃焼した時に発生する、有機ガスが煙に混じっていることが原因なのです。

気になる斎場&火葬:環境保全と火葬

気になる斎場&火葬:環境保全と火葬 火葬斎場は現代では環境保全第一で運営されています。
まず、無煙・無臭・無騒音・無災害・無事故・火葬時間の短縮化などを配慮した火葬炉を設置しています。
また、自然資源や歴史的・文化的遺産の保全を意識した、緑地帯や森などを生かして作るように配慮されています。
そして、地域の信仰や利便性が向上するようにも配慮されています。
例えば、幹線道路 ・電気 ・ガス ・上下水道 ・交通機関 の整備又はその他公共施設の整備 など)。
次に快適性 ・厳粛性 ・合理性を大事にしています。
建 物内外の精神的 ・生理的に安 らげる清潔 さ ・美 しさ ・明 るさ,適 正な室内環境,荘 重 さを醸す 雰囲気,整理された動線,省 エネ ・省力 ・省 マネー等の取入れです。
そして多機能施設であ ることが重要です。
斎場は本来 の火葬 ・待合機能の他に管理・葬儀・告別 ・通夜・収骨・霊安 さ らに集会所 ・文化セ ンター ・災害避難所 ・運動公園 ・緑陰公園 ・史跡 公園な どの機能 の複数を備えるようにしています。

Copyright © 2018 斎場の気になる常識 All Rights Reserved.