斎場の気になる常識

小規模な斎場へ

小規模な斎場へ

小規模な斎場へ 日本の葬儀は、衆生の救済を目的としてインドで誕生した大乗仏教が伝来後独自退化した葬式仏教によって江戸時代〜昭和末期にかけて華やかに行われ、弔問客や参列者の数の多さや盛大な葬儀が故人への手向けだと騙され続けて来ました。特に大都市圏では、1000人以上を収容可能なホールを有する斎場も珍しく無く、著名人や企業創業者など弔問客や参列者が多い場合には由緒正しい寺院を借り切って執り行う遺族も少なくありませんでした。
現在では、テレビや雑誌で葬儀業界や宗教界が暴利を貪っている事が暴露された事に起因する葬儀規模の縮小に加え、盛大な葬儀を執り行う事への疑問や経済的な問題から家族葬や直葬及びゼロ葬などの小規模かつ低予算の葬儀が急増しています。その為、業界では小規模な葬儀の急増に対応するべく家族葬専用の小規模な斎場への移行が進められているだけで無く、葬儀料金も不明瞭な積算方式から追加料金の無いセット料金が主流となっています。

斎場の駐車場を使用する際にルールやマナーは存在するのか

斎場の駐車場を使用する際にルールやマナーは存在するのか 通夜や告別式に出席するために斎場へ行く際には、自家用車で来る人も少なくありません。車で来る場合は当然のことながら、建物周辺にある駐車場を利用することになりますが、その際に守らなければならないルールやマナーはあるのでしょうか。
斎場の駐車場を利用する際には守らなければならない決まりなどは、建物の中に掲示されていることが多いほか、公式Webサイトにも注意事項などが掲載されていることがあります。それらに書かれている内容を守り、駐車できない場所や、斎場の職員や出入りする業者が利用する駐車スペースにとめたりしない限り、駐車の仕方について注意されることはないでしょう。
ただし、参列者が多くなることが見込まれる場合は、通夜や告別式が始まるかなり前に斎場へ移動するか、バスや電車などの公共交通機関を利用した方が良いです。駐車スペースの確保に時間がかかると、通夜や告別式の開始時間に式場内に入ることができず、迷惑をかける可能性があります。

Copyright © 2018 斎場の気になる常識 All Rights Reserved.